東次郎

suki desu,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

滅淵(ほろぶち)

 のびるとしいたけの八宝菜によせて

えっと、今日、の、お昼に 、 
のびると、とれたての、しいたけの、

八宝菜を
つくって、
たべました。

ふらんすの、- 
友の、ことを
思い出します。

かりん、さん、 の、  それから、

ぱうろ、

ごけっこん、
おめでとう
ございます

かんしゃします

また、らむ、た、みん、お元気ですか?
あったかい枯れ草色の影におそくても、
聴き、かざしてくれる声に
暮れていく影に懐かしさをおぼえます
もうすうぐ
うす  ぐら
ひ  ひ

おさらもおちゃわんもおゆのみもおはしもおひるごはんのときのまんまないています

かえったら、おさら、おちゃわんと、-

おゆのみと、
が、かえっていました

かえっていました

もどれない

かなたへ

かなしかった-

わらわらとわらわらわらびのかげに ほしが
おちていきました

がっこうは おわらいににてさみしい

おゆのみをだきしめたら
かげにひか おちた
みんな ないています
うらうらとはえそめてあいがかたちづくられます

いろ か ほそく うたは おえ た うちを だっしゅつ うちに ら ら 
た い ん お はえます うたころ 泥 は あや を あやして たつ おや ゆび
おかあさんゆび おにいさんゆび おねえさんゆび こゆび ぽっと ひ か ともる
おともだちは かえっていった

のびるの 根  茎  白玉うるうる
 ほと うつくしいと やまに  かたる
きょうもありがとうございます

また
あした

おやすみなさい

ほろぶち
スポンサーサイト
このページのトップへ

御柱舟

萬冶亭の家主の萬冶友美さんに

はいったら
かえれないと 今日は  おわったと  おもった。

「おい」
「はいれ」
氏子姿の萬冶さんはふるき よき時代の ふねひと
生きた心地もしなかった 

御柱祭の 宝船に  のせていただいた

先生  しゃちょう
 先輩

一級の人々ばかり集まる太古の声の聞こえる舟の中に
火が ぱちぱちと 燃え、 らら
子守歌聞こえる

詩人の萬冶先生の御柱についてのご本に大変驚いた。
私の先生
こたえはない
もういちどあいたい
里引きの時にたずねてみよう 【“御柱舟”の続きを読む】
このページのトップへ

今日のうら

ちょうど一枚の紙が,紙でない要素といえる,多くの要素の結実,集合であるように,個人は,個人でない要素によって成りたっています./もし、あなたが詩人であるならば,この一枚の紙のなかに雲が浮かんでいることを,はっきりと見るでしょう.雲なしには,水がありません.水なしには,樹が育ちません.そして,樹々なしには,紙ができません。ですから、この紙のなかに雲があります.(p68-p69第四章実践の真髄『仏の教えビーイング ピース ほほえみが人を生かす ティクナットハン棚橋一晃 訳』)本郷毅史さんの声に海 大切なご本を手に取って読ませていただいて。
元我堂にて
このページのトップへ

中嶋夏先生の稽古場にて 

二千十年三月雨の夜
中嶋夏先生のもとに、稽古中だったのにもかかわらずお邪魔していた。そして、揺れて、交換した。
帰り道、じゃあね。とおっしゃって、手を振っていた、突っ立っていた空白に、魅入ってしまった。
四谷の地下鉄の入り口へ、危うさとともに、かえっていく、下っていく、夏先生の下りて行く
一歩一歩の 震えつようなまなざしを、揺らめきにかえた置き忘れた声のもとへ踊り狂うもの悲しい歌の落ちた
黒鳥の影に驚いた。夏先生の踊りに入る閃めきに触った。黒い海に下りて行く
とおい
うた

中嶋夏と霧笛舎
http://www.geocities.jp/mutekisha/
このページのトップへ

朱漆縄

杉原信幸さんにメールをいただいた。とても、ゆたかな、淡い、影に、驚いた。
失われた時間 私は、 痛みを 面に した。
谷崎淳一郎氏に、春琴抄という漆塗りの本あり。
夢に。世織先生に。
朱漆縄
お届けしたい。
朱漆縄
http://images.google.co.jp/imglanding?q=%E6%BC%86%E3%80%80%E7%B3%B8&imgurl=http://www.rekihaku.ac.jp/kikaku/index92/pic04.jpg&imgrefurl=http://www.rekihaku.ac.jp/kikaku/index92/index.html&usg=__sef_i6CCKzZa-CvelEn-fQCjCfM=&h=361&w=500&sz=236&hl =ja&um=1&itbs=1&tbnid=_N2JahRMPExctM:&tbnh=94&tbnw=130&prev=/images%3Fq%3D%25E6%25BC%2586%25E3%2580%2580%25E7%25B3%25B8%26start%3D18%26um%3D1%26hl%3Dja%26sa%3DN%26rlz%3D1I7TSHD_ja%26ndsp%3D18%26tbs%3Disch:1&start=28&um=1&sa=N&rlz=1I7TSHD_ja&ndsp=18&t bs=isch:1#tbnid=_N2JahRMPExctM&start=32
 
このページのトップへ

Search

Information

東次郎

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。