FC2ブログ

東次郎

suki desu,

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

つえ つゑ 1 【▼杖/▽丈】


(1)歩く時、手に持って地面につき、歩行の助けとする細長い木や竹の棒。
「―をつく」「―にすがる」「転ばぬ先の―」
(2)頼りにするもの。
「老後の―とする」
(3)律令制で、杖罪(じようざい)となった罪人を打つのに使う棒。
(4)律令制以前の長さの単位。のちの一丈(約3メートル)に相当。
(5)弓杖(ゆんづえ)の長さ、七尺五寸(約2.3メートル)のこと。
(6)中世における地積の単位。一段の五分の一。七二歩。
――とも柱とも頼む
非常に頼みに思うことのたとえ。
――に縋(すが)るとも人に縋るな
安易に他人に頼ったり、他人の助力をあてにしたりするな。
――に突・く
物を立てて杖のようにしてよりかかる。
――の下から回る児(こ)は打てない
泣きすがってくるものをひどいめにあわすことはできない。
――ほど掛かる子は無い
杖ほどに頼りになる子はいない。本当に頼りがいのある子はなかなか得難いこと。
――も孫(まご)ほどかかる
年をとると孫を頼りにしてよりかかるように、杖を頼みにする。
――を曳(ひ)・く
杖を手に歩く。散歩する。また、旅をする。



三省堂提供「大辞林 第二版」より



” http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BE%F3&kind=jn&mode=0&base=1&row=8 ”yori
 
スポンサーサイト
このページのトップへ

合間に元気な巣、が

  


哲 人って、

  喜んだり
  
  悲しんだりす
るんだね


   驚いちゃっ
このページのトップへ

発言する時はひとり
このページのトップへ

五月

事が恥じゃないけれどねッこのこは誰の子ども

子が無い子が泣いだんかさん
らんかさん らんか
さん 遊ぼじゃ ないか 遊ぼじゃ
無い華 らんか サ-ン-マ-ノ-味-二魅セラ
レテ、
蓮根ノコア寡黙は こ あ
遊ぼ、じゃ泣イ呵
遊ぼ、じゃ無いか、
遊ぼ、じゃないか、
遊ぼ、じゃないか、
遊ぼ、じゃないか……
 遊ーぼ
遊ぼじゃないか
姉さん
母さん
子は無いだ もう泣いた
お月さんを突き産婆さんは安価酸
未だ 阿陀
礼が霊、大根処置法は花ァダ可
赤札三月瞑して四月吐かして五月欲して六
月契シテ七月死して八月剥がして九月実っ
て十月秘事して十一月逃がして十二月通して
一月息して二月
籠、身篭 ×和が凪いだ DAke det
h o

Λ
 生まれ故郷はアラスカです 美しい
町 痴漢少年は歯が立たない無力の生物で
す 大人にならない子供は今空
アシタが楽しい子供はいたら返事をしなさい 
分かつ事が明日ですぅ
恥になったら生きるでしゅう 難しい事なんかぷ

ふったらんかさん
遊ぼじゃないか
明日は五月五日です。
このページのトップへ

貧投

生キテイテモ死ンデイテモ
 ドコカデ 
ダレカガ 僕ヲ、君タチノコトヲ見
テイル
ソンダケノ
コト、







僕ト テモ
嬉シク―ッテネ ダレカ 、
 ニ 言エタコトガ、トオクノ方
カラ遣(ヤ)ル キタイ ニ コガサレル 
陽気

気分
ナンダ
墓、ヲ掘レ!
墓、ヲ掘レ!                    
このページのトップへ

愛しているよ誰よりも

孔雀、孔雀
白い あなたの宇宙へ     
変化する眼差しは奏でる
音楽を快進撃の公開を燻(くゆ)らす砂金の声を
分けられた露を恋し虐げられた者を請う 迎えた海路は開閉の黄道をcottonの模解葉に黄色くワハハと香を焚くびにいるはうすの砂音をきりしたぁんと声
変わりしかけたかの喪界の矛先と衣と子午


このページのトップへ

Search

Information

東次郎

Calendar

12月 « 2006年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。